大腸癌が転移する前に対処しよう|完治させる方法

病院の玩具と人形
  1. ホーム
  2. 内視鏡切除で完治が可能

内視鏡切除で完治が可能

病院と医者と看護師

発生場所で症状が異なる

大腸癌は、発生する箇所によって、症状や治療法、そして予後の過ごし方が違ってきます。肛門に近い直腸やS状結腸などに癌が発生すると、血便になったり、排便時に痛みが伴ったりします。一方、小腸に近い上行結腸などに発生すると、腹痛などの症状が出ないため、発見されにくいのが特徴です。通常、大腸癌の進行は比較的ゆっくりとしており、ステージ?であれば内視鏡による切除治療で完治します。但し、上行結腸や横行結腸に発生した癌は、肝臓や肺に転移する可能性が高く、転移してから大腸癌に気づくケースも珍しくありません。現在、大腸癌は完治しやすい病気との認識が広がっていますが、小腸に近い部分に発生して発見が遅れた場合、他の臓器に血行性転移を起こしたり、リンパ節転移を起こす事もあります。大腸癌を罹患した患者の約11パーセントが肺転移を起こすと言われており、大腸と肺臓が隣接していることが大きな要因です。そして、大腸を出た静脈が肝臓に繋がっている為、血行性転移を起こしやすくなるわけです。肝臓は沈黙の臓器と称されるように、自覚症状が殆ど起こりません。但し、肝臓に異常が生じると、黄疸や腹部右上の鈍痛、そして倦怠感などが起こります。それ故、このような症状が現れた場合は、癌の発生や転移を疑う必要があります。癌が肝臓に転移した場合の治療法としては、切除などの外科的治療が一般的になっています。腫瘍部分を完全に摘出できれば、約40パーセントの確率で再発が防止できます。そして、術後の5年生存率も30〜50パーセントとなっています。