大腸癌が転移する前に対処しよう|完治させる方法

病院の玩具と人形
  1. ホーム
  2. 気になる転移の情報は

気になる転移の情報は

男性と女性

リスクが高い場所と治療法

大腸癌は、近年日本で増えている病気の一つです。食生活の欧米化が原因だと言われています。大腸癌は腫瘍ができる場所によって、初期症状や転移の状況が大きく異なってきます。肛門付近に腫瘍ができた場合には、出血や排便時の痛みで病気を自覚しやすくなります。一方で小腸に近い部位に腫瘍ができた場合は、自覚症状に乏しく、また多臓器への転移もしやすいと言われています。中でも多いのが、肝臓や肺への転移です。肝臓は大腸と隣接している臓器で、肝臓を経て肺へと転移してしまうケースが多いようです。多臓器で腫瘍が発見されたときには、外科的手術でそれぞれの腫瘍を取り除くという治療法が行われます。全ての腫瘍をきれいに取り除くことができれば、病を克服できる可能性も高くなります。大腸癌は、癌の中でも自覚症状に乏しい病として知られています。転移して初めて症状が気になり、原因が大腸癌であったことに気付くケースも少なくありません。しかしもともと大腸癌の進行は遅いとされており、ステージ1程度の腫瘍でしたら、内視鏡手術での切除も可能です。肺や肝臓へと転移してしまう前に、治療をスタートすることが重要なポイントだと言えるでしょう。早期発見のためには、定期的な健康診断が欠かせません。気になることがないからといって安心するのはお勧めできません。「誰がなってもおかしくない病で、自覚がなくても癌が進行している可能性もある」という事実を、しっかり頭に入れておきましょう。